【question】新発売のシュガースクラブが気になる!使い方を伝授します。

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

「WASANBON&YUZU milky sugar scrub」の使い方

 

 

WASANBON&YUZU milky sugar scrubとは

 

– 全成分 / 40g –

スクロース(和三盆)、グリセリン、コメヌカ油、水、水添レシチン、ヒポファエラムノイデス果実油、ムラサキ根エキス、トウキンセンカ花エキス、オタネニンジン根エキス、グレープフルーツ種子エキス、ユズ種子油、エタノール、スクワラン、ユズ果皮油、ニュウコウジュ油、ニオイテンジクアオイ油、トコフェロール(キャリーオーバー成分)

 

仕上がりは、皮膚がふわっと柔らかくなりスキンケアの浸透性も良くなります。乾燥して硬化した鼻周りの皮膚を「柔らかく維持するために」使用すると効果的ですね。

 

【使用頻度の目安や使い方】

入浴中、湿った素肌にご利用ください。目安量は、綿棒の先ですくえる程度の一回量です。毎日の使用はオススメしておりません。

毛穴のざらつき、小鼻の黒ずみ等にご活用いただき部分的なら、週2−3回までにとどめてください。顔全体には、週1程度。

それ以外の角質のざらつきにはMaison de Naturopathie OILでの軽めのマッサージ+保湿で角栓と周りの皮膚を「軟化」させること。

使用する際は、湿った状態の中指の腹でミルキーシュガースクラブを撫でるように伸ばしゆっくり乳化(大豆レシチン)しながら和三盆が溶けていくのでその細かい粒子で軽く角質をケアし強くこすったりして摩擦はは与えないでください。

あくまでも、汚れを取り揃うとするのではなく「8割タンパク質」の部分に油分や水分+乳化作用を与え、まずは硬くなった角栓を柔らかくすることが目的です。

 

 

無理なく取り入れられる範囲からオーガニック スキンケアを楽しんでいただけると幸いです。

Ai Fujioka

ORGANIC MOTHER LIFE - Ethical House -にて、オーガニックビューティセラピストとして勤務しています。坂田と一緒に「Mais...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧