「肌断食」について本気で考えてみた。「何も塗らない、洗わない」ことは果たしてメリットになり得るのか?

「肌断食」について本気で考えてみた。

 

もうね、この議題については何度も考えさせられた。昨日、お手入れを担当したお客様もこの前、@LINEの無料お肌相談室にご連絡を下さったお客様も「肌断食」「脱保湿」の話ですごく悩んでいました。

 

 

そもそも「肌断食」とは?

 

肌断食とは、化粧水や乳液、クリームなどのスキンケアを何もせず肌の状態をリセットすることを言います。

 

 

 

 

 

肌にはもともとバリア機能があり何もしない状態でも水分を保持して皮脂とのバランスをとり健康な状態に整えようという働きがあります。この本来の「肌の自然回復力や保護力」正常値に戻したい!というのが
目的なわけですね。ただ、ちょっと考えてみて。

明日からマクロビ生活を3食ストイックに始めたとするね。

絶対に知識と経験不足で鉄分・脂質・タンパク質不足になるし糖質がデトックスしすぎて過食したり、くらくらする。血液量が減ってくすんだり、貧血を起こす。生理も止まってしまうかもしれない。しかも、変な痩せ方して筋肉が細くなるよね。「急に環境を変える」のはいくら健康法でも慣れてない肌と体は拒否反応を示します。うまく出来ているんですよ。

 

 

 

 

 

 

誰もに効果があるわけじゃない

 

もしね、誰にでも効果のある美容法があるなら美容学校でもニュースでもとっくに取り上げられて歴史に残りますよ。マクロビオティックだってローフードだって炭水化物ダイエットだって「合う人合わない人」がいるわけです。そうなると、果たして今の私に肌断食は合うのか?本当にやってみないとわからないよ!と言うしかないところあるわけで。

 

 

 

 

ただ、私も現に

■ファンデーションしない
■洗顔しない
■クレンジングしない
■体は一部しか洗わない
■スキンケアもほとんどしない

 

ので、肌断食をある意味細ーく長ーくしている身です。ガツンと何もかも抜いたのは、二十歳の時。はっきり感じるのは「肌断食に効果はある」と思うこと。私はメイクも洗顔も一切やめたけどお風呂上がりの浴室で、ヘンプオイル保湿だけはずっとしていました。

 

 

 

 

 

ちなみに、これまで10000人以上オーガニックエステを担当しファンデーションや日焼け止めを卒業することをお伝えしてきた私が、では一体どんな人が「肌断食が向いているの?」というと問いにお答えをすると、あくまで自論ですが、この方々。

 

 

 

■ 普段から石油系化学成分が含まれる
メイクアップやスキンケアを
多用してきたかた

■ 医薬品、および医薬部外品を
常用している方

■ 日焼け止めやファンデーションなど
被膜力の強い成分を
常用している方

■ 肌が荒れるとすぐにコスメを変えてしまう方

■ 一年で化粧品を何種類も変えてしまう方

■ 肌荒れをメイクで隠している方

■ 肌荒れは、スキンケアが合わないからだ!と
思っている方 など。

この方々は、肌断食、ちゃんと行えば効果あると思います。

 

 

 

 

でも、失敗者が多いのも事実。

 

そもそもスキンケア化粧品は使用するだけでも、やめるだけでも、ダメなんです。

化粧品を売る私が言うのもおかしいのですがこれだけで肌が良くなるならみんな綺麗になれますね。スキンケアの常識とは逆に使用すれば使用するほど自分の肌で保湿成分を作ろうとか油を補給しようとかいう力が弱まり、結果的に化粧品がなければまともな肌を繕えない敏感で軟弱な肌となります。

良いものも「使いすぎ」はダメなんです。

 

 

 

 

 

 

「人それぞれの適量」を見つけないといけない。そのためには、部屋の加湿から、寝る時間運動習慣、食事まで整えていく必要もあるので私たちはセラピストが側に居て1人で頑張れないことをサポートしていくわけです。

 

 

 

オーガニックスキンケアの基本は「抜く美容」から始まる

 

そもそも、オーガニックスキンケアは肌への過度な栄養補給や大きな負担を継続的に与えることを危険視してお伝えしオーガニックだからいい!と言うわけではなく今の肌に必要なものだけを補うそんな美容が一番いいと思うからです。

 

 

 

 

はっきりお伝えしていますがスキンケアはまず「洗顔」を変えないと意味がありません。

 

 

〈参考ブログ〉

– 石鹸洗顔は肌に優しいのか考えてみた –

– 「角栓・角質は摂るものではなく- 溜める -もの」 –

– 〈素肌の洗い方一つで、素肌は変わる〉 –

 

 

 

洗顔そしてクレンジングなどは私たちの皮膚バリア機能中心役者でもある皮脂膜や常在菌NMFや細胞間脂質などを全て荒いか流せるほど、強力な界面活性剤力を持っています。

 

 

 

 

これは、石油合成だから、とか天然成分だから、はあまり大きく差はないかもしれません。多少の保湿や洗浄力の強弱があっても「使う人がどう洗ったのか」メーカーが考える乾燥しない!と言うキャッチコピーは脆くも崩れ去っていきます。

とにかくまずは「普段の洗顔の方法を変えてください」。さっぱりも、つっぱるのも、いけません。理想は「しっとり洗顔」です。

そこからなら、肌断食もうまくいくかもしれません。ただ、普段から多くの石油系化粧品を使用してきた方が急に私のように「脱洗顔」をして、無洗顔をすると普段から協力な界面活性剤にさらされているお肌は異常なほど皮脂を多く分泌しやすいそんな性質を持ってしまっている方も。皮脂が多すぎると常在菌のバランスが崩れ無数のニキビや吹出物ができたり皮脂の酸化も危険ですね。

 

 

 

 

 

 

私が「肌断食」を伝えるなら「脱メイク」→「脱洗顔」→「脱スキンケア」の順番に。

「脱メイク」→「脱洗顔」→「脱スキンケア」の順番

■ 朝はゆすぐだけで

 

その代わり、夜のスキンケアで石油系合成ポリマー等を含む強い被膜化粧品、例えばクリームなどの使用を控えてテカテカベタべタで寝ないでください。部屋の加湿も心がけてスキンケアはある程度浸透させてから
多すぎたらティッシュオフしてください。朝、変にベタべタしたりしないように。朝は綺麗に完成された自然の皮脂膜などのバリア機能を剥がしたくないのです。

え?お気に入りの高級クリームがないと不安?だったら肌断食は成功しないし出来ませんので要注意!

 

 

 

 

 

 

 

▪️夜はメイクをしたところだけ植物オイルクレンジング

 

もしファンデーションと日焼け止めが卒業できるならサンケアスキンセラムアロールートフェイスパウダーを塗ってください。夜は濯ぐだけでいいのですがポイントメイクをオーガニックのものに変えてそれだったら植物オイルで浮かせ、石鹸で撫で洗い。いきなり石鹸洗顔はお勧めしません。部分洗いをして全顔は基本濯ぐだけでいいです。シャンプーやリンスの残りにご注意ください。

え?ファンデーションや日焼け止めをいきなりやめらない?だったら肌断食は成功しないし出来ませんので要注意!

 

 

 

 

▪️皮脂が日中多いかも?と感じたらクレイを活用する

 

余計な酸化した皮脂、つまりプラスの電荷を持つ皮脂をマイナスイオンたっぷりのクレイで吸着するだけ。朝、手元に粉をふるい、さっと水で溶いて顔に流すだけでもいいし夜にしっかりペーストパックをするのもあり。カラーは肌質に合わせて選んでね。
– クレイの色選び –

でもやりすぎはダメ。私が知る限りの自論ですが乾燥肌、赤み肌、かゆみ肌さんは毎日はやめた方がいいですね。一応、汚れも皮脂も吸うので吸わせるものがないときはやめようね。クレイは何か多くを与えるものではないしクレンジング効果(油と水を馴染ませるなど)はありませんのでご注意を。

え?洗顔は石鹸やクレンジング剤でさっぱり系がいい?だったら肌断食は成功しないし出来ませんので要注意!

 

 

 

 

 

 

 

-ポイント-   お風呂の中でスキンケア

 

スキンケアも洗顔もみんないきなり辞めるのではなく強い被膜のクリームやメイクアップ
無駄な洗顔・クレンジングからやめていく。

いきなりスキンケアを辞めても
肌に与えるダメージが減らして
肌の皮脂バランスを鍛えてからでないと
肌断食は成功しません。

取り去るものが減れば、足すものも減るからです。スキンケア工程をより減らしたなら角質に水分たっぷりのお風呂場で。浸透性の高い植物オイルと軽めの大豆レシチン系乳化の乳液だけ持ってお風呂から出る直前に馴染ませて。それだけで、気温差による過乾燥予防に。しかもブースター効果も出て角質が軟化します。(水素結合も緩んでます)この時、お風呂場での石油系化粧品はご法度。どんどん、ダメなところまで浸透しちゃうよ。経皮吸収率が高いお風呂場での使用は入浴剤もシャンプーも本来は激薬です。

え?オーガニックコスメ使ってない?石油系化粧品をやめられない?中には石油系化粧品でも無刺激で良いものもありますが肌にとっては異物に変わりないので使いすぎは要注意だよ!

 

 

 

 

急に洗顔をやめると怖いことが起きるかも?

 

常在菌が増殖することで発症する「脂漏性皮膚炎」や「ニキビ」、「とびひ」毛穴の開きや黒ずみを強く感じる人も。脂肪酸などの刺激によって発症する「接触性皮膚炎」、「敏感肌」皮脂の増加によるテカリ・角栓肥大・黒ずみ などが一気に発生することも。

無知のまま、ネット情報に流されないで。あなたの肌にはあなたの肌に合った方法があって必ずしもこれらの方法があなたの今の生活習慣肌トラブルに合うとは限りません。だからまずはカウンセリング、またはお手入れに来ていただきたいのです。

 

– カウンセリング詳細のブログはこちら –

– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です

 

友だち追加

(40分 3300円 / 60分 4400円 / 坂田指名 60分 6600円)

 

「肌断食」を成功させたいなら

 

1、まずは1ヶ月
洗顔とクレンジングの質を変えて皮脂バランスを整えて正常値に戻しておく

2、ある程度、脱石油系化粧品
脱石油系メイクアップを済ませておく

3、薬はもちろん
医薬部外品、化粧品を徐々減らしていき肌の皮脂バランスを乱さない

4、メイクアップを
石鹸で落とせる!と書いてあるクレンジング不要なものに切り替える(石鹸ではダイレクトには洗わないけどね)

5、濯ぐだけで朝洗顔にし
角質ケアもクレイパックに切り替える

6、1-2ヶ月かけて
ターンオーバーが満遍なく一周したところで「何も洗わない、何も塗らない」に挑戦してみる

ここでやっと「肌断食」に挑戦する。

 

 

 

 

 

・・・その代わり

 

 

■ 夜更かし、暴飲暴食、飲酒、タバコはやめる
■ 食品添加物の摂取をやめる
■ 植物性タンパクと動物性タンパクのバランスをよく
■ 運動は適度にすること
■ 長風呂はしないこと
■ マスクをし過ぎないこと
■ あぶらとり紙は使用しないこと
■ 熱いお湯で洗わないこと
■ 洗い流さなきゃいけない
メイクアップは絶対にしないこと
■ 当然、肌断食なのでスキンケアも洗顔もしないこと

 

 

 

など。

 

 

 

 

ゆっくり、ゆっくり変わって行こう。

 

最初にもお話ししましたが、「肌断食」とは肌の状態をリセットすることこれまでずっと続けてきたことがあって、急に元に戻せるなんてそんなうまい話はありませんね。

 

 

 

 

断食と聞くとストイックに聞こえるけど、肌断食は自分のお肌本来の力をまず信じてあげること。あなたの心が健康な状態にあって、焦らないこと。美しく健やかに変わっていくお肌を楽しんでください。

 

 

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧