【BOTANICAL LIST】枇杷の葉の美容効果 / Biwa-no-Ha by.ORGANIC MOTHER LIFE


お肌やお体の無料相談室はこちら

公式オンラインショップ

 

 

– 鎮静系 –
佐賀県産「枇杷の葉」

BIWANOHA OIL

枇杷の葉は古くから「大薬王樹」と呼ばれていて、民間療法などにも活用されてきました。

「顔が見える化粧品」として、佐賀県東多久市の農家さんとこの製品は繋がっています。

農薬を使用しなくても逞しく育つ「枇杷の木」を育てる農家さんに出会いました。

 

 

 

■ BIWANOHA HISTORY…

この枇杷の葉は、佐賀県東多久市にある枇杷農家からいただいたもの。多くの地域は高齢化し、地方では多くの耕作放棄地も増え、大きな社会問題になっています。

向かった東多久市にも使われていない大きなの屋敷が多く、倉庫のようになってしまった家もたくさんあるようでした。佐賀県には多くの枇杷農家があり、枇杷の生命力はとても高いため放っておいても、生きていくことができるそうだ。そんな枇杷の葉は「枇杷の葉療法」といい、

昔から自然療法の一つとして活用されてきた。

びわの葉を直接患部に貼ることで少しずつ皮膚へ浸透し、痛みや腫れがひくそう。これは、現在も静岡県にある臨済宗のお寺、金

地院(こんちいん)で行われた療法で、皮膚病、小児喘息など難病に苦しむ20万人以上を治したといわれるものです。非常に歴史深い薬草の一つとして知られています。

 

 

 

■ BIWANOHA BEAUTY [鎮静系]

◎抗炎症作用効果
◎抗アレルギー効果
◎抗ガン作用
◎鎮痛・殺菌作用
◎血液浄化作用

古くから「大薬王樹」と呼ばれ 民間療法などにも活用されてきたビワ 「無憂扇(病気を治して憂いを無くす葉)」と呼ぶ 枇杷の葉のエキスには、薬理作用としては、抗炎症作用と抗菌作用が知られています。漢方では、止咳・止嘔の効能があり、咳や痰、鼻血、嘔吐などに用いられ、また日本漢方では食中毒や下痢にも用いられます。民間では、アセモや湿疹を治療するためにビワ葉の煎剤を塗布したり、浴湯料としてもよく知られています。

 

 

 

 

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 


 


 

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

関連記事一覧