「鎮静系×赤み・痒み・ニキビ肌対策 Botanyフルケアセット」(ビワノハオイル×ハーブティ×タンチュメール×エルダーフラワーエキス)」を使いこなそう!

Maison de Naturopathie series

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

 

「鎮静系×赤み・痒み・ニキビ肌対策 Botanyフルケアセット」使い方説明書

鎮静系×赤み・痒み・ニキビ肌対策 Botanyフルケアセット

(ビワノハオイル×ハーブティ×タンチュメール×エルダーフラワーエキス)

 

オンラインショップはこちら

 

Botanyは「あなたの素肌と体にそっと寄り添うだけ。」

 

 

「素肌の美しさは環境の美しさとともに」

〈Botany〉series顔が見える化粧品、そして国産植物のインフューズドオイル高濃度×低刺激で堪能するためのナチュロパシープロダクト。顔から、足の先まで日本に潜む「雑草という名の薬草たち」の類い稀なる植物効能をよりシンプルな形で堪能できるスキンケア。

日本に根付く薬草自然療法の魅力をプロダクトを通じてあなたの生活にそっと寄り添っていきたい。

完成された化粧品だけでなく、その植物が生まれた場所、背景「ストーリーそのもの」を知っていただくこと。それら植物の薬効や個性を知り、自分の素肌と向き合う。 「今必要な成分を必要なだけ」あなたの手でブレンドをして、無駄も廃棄もないスキンケアを。

日本の薬草に特化し、余計な成分を含まず素材そのものを生かし、自分の素肌の「特性」に合わせてオリジナルのボタニカルレメディオイルを楽しむことのできるオートクチュールスキンケアを提案します。

「Botany」を通じて、女性が素肌と身体の未病や不調と向き合い日本に潜む植物の力を知って家庭に「自然療法」が自然と根付いていきますように。そう願っています。

 

 

全ての女性がもっとナチュラルに、もっと自由に。

そんなプロダクトをお届けできればと思います。

「Maison de Naturopathie」brand〈Botany〉

 

「鎮静系植物」とは?

 

 

鎮静作用や抗炎症作用が高い植物たち。

敏感・過敏(アトピー/アレルギー)・ニキビ(大人ニキビや炎症ニキビ)

抗炎症作用により素肌の炎症やニキビを鎮静させてくれる植物オイル。赤みや痒み、炎症が抑えられ。自然治癒力を阻害することなくトラブルが出にくい素肌へ導きます。

 

枇杷の葉について

 

 

– 鎮静系 –
佐賀県産「枇杷の葉」

BIWANOHA OIL

枇杷の葉は古くから「大薬王樹」と呼ばれていて、民間療法などにも活用されてきました。

「顔が見える化粧品」として、佐賀県東多久市の農家さんとこの製品は繋がっています。

農薬を使用しなくても逞しく育つ「枇杷の木」を育てる農家さんに出会いました。

 

 

■ BIWANOHA HISTORY…

この枇杷の葉は、佐賀県東多久市にある枇杷農家からいただいたもの。多くの地域は高齢化し、地方では多くの耕作放棄地も増え、大きな社会問題になっています。

向かった東多久市にも使われていない大きなの屋敷が多く、倉庫のようになってしまった家もたくさんあるようでした。佐賀県には多くの枇杷農家があり、枇杷の生命力はとても高いため放っておいても、生きていくことができるそうだ。そんな枇杷の葉は「枇杷の葉療法」といい、昔から自然療法の一つとして活用されてきた。

びわの葉を直接患部に貼ることで少しずつ皮膚へ浸透し、痛みや腫れがひくそう。これは、現在も静岡県にある臨済宗のお寺、金地院(こんちいん)で行われた療法で、皮膚病、小児喘息など難病に苦しむ20万人以上を治したといわれるものです。非常に歴史深い薬草の一つとして知られています。

■ BIWANOHA BEAUTY [鎮静系]

◎抗炎症作用効果
◎抗アレルギー効果
◎抗ガン作用
◎鎮痛・殺菌作用
◎血液浄化作用

古くから「大薬王樹」と呼ばれ 民間療法などにも活用されてきたビワ 「無憂扇(病気を治して憂いを無くす葉)」と呼ぶ 枇杷の葉のエキスには、薬理作用としては、抗炎症作用と抗菌作用が知られています。漢方では、止咳・止嘔の効能があり、咳や痰、鼻血、嘔吐などに用いられ、また日本漢方では食中毒や下痢にも用いられます。民間では、アセモや湿疹を治療するためにビワ葉の煎剤を塗布したり、浴湯料としてもよく知られています。

 

HOU TO USE

 

 

 

《アウターケア》使用法

 

1、洗顔後、Botany ELDERFLOWER EXTRACTをお肌に浸透させます。その際は可能であれば導入美容液に2滴程混ぜて使用することをお勧め致します。より浸透力が良く効果が高まります

無い場合は、化粧水でも構いません。化粧水2-3プッシュに対して、1−2滴までに留めてください。

(おすすめ導入美容液:SHUNOBIコメヌカブライトニング美容原液、コメラボ 日本酒酵母エキス原液 – 保湿美容液)

 

SHUNOBIコメヌカブライトニング美容原液

 

コメラボ 日本酒酵母エキス原液

 

2、導入美容液→化粧水(たっぷり)Botany BIWANOHA OILを1~2滴お顔へ馴染ませます。お首やデコルテ、肩まわりもご使用下さい。

3、お肌に合わせた乳液(大豆レシチン乳化がおすすめ)でお肌を整えます。(当店の乳液は、8割型大豆由来の乳化剤をセレクトしています)

4、お仕上げとしてO.M.L サンケアスキンセラム、O.M.L アロールートフェイスパウダーナチュラルなサンケアを行ってください。

 

ファンデーション卒業セット 

 

【ワンポイントアドバイス】

■乾燥を感じる方は、お風呂あがりの角質層が柔らかい状態でさっとタオルで水分を拭き取り、浴室の中でBotany BIWANOHA OILを塗ると浸透率が高くお使い頂きやすいです。お身体全身にもご使用頂けます。

その後に、通常のスキンケアを行ってください。

Botany ELDERFLOWER EXTRACTは、その他のBotany  EXTRACT seriesと2種類ほどブレンドして使用することも可能です。(例/ニキビ肌・・・鎮静系エルダーフラワーエキス×調整系セージエキス)または(例/エイジングケア・・・活性系ホーソンエキス×抗酸化系ラズベリーエキス)

 

《インナーケア》使用法

 

1、空腹の状態で、Botany  BIWANOHA TEINTUREMÈREをお水や炭酸水に入れてお飲み下さい。ハーブティーと混ぜて頂いても構いません。(入れる量は目分量、味の濃さもお好みでOKです。およそ2週間ほど毎日継続してお飲み頂ける量となっております。)

2、Botany  BIWANOHA HERBTEAはドライハーブタイプとなっております。ティースプーン2杯程を蓋がついているティーポット、急須などに入れて頂き、100℃のお湯で2~3分煮出してお飲み下さい。

 

 

【ワンポイントアドバイス】

Botany  BIWANOHA TEINTUREMÈREは、身体の不調を感じられた時など(生理前や肌トラブルなどがある時)に集中的に飲用されることをお勧め致します。毎日、少しずつ飲んで頂いても構いません。

植物療法の一種であり、海外では自然療法の一環として薬代わりに活用されることも。(フィトセラピー)自然ぐすりとして未病のケア(不調)にご活用ください。

プチ断食(ファスティング)にも活用頂けます。

有機野菜の発酵エキスやデトックス効果の高いフルボ酸を含む為、お昼だけ、夜だけなどのプチ断食にもお勧めです。(プチ断食の場合、5−6時間固形物を摂らない方が効果的)

 

 

Botanyがあなたの素肌にそっと寄り添い、素肌を楽しんでいただけますように。

Ai Fujioka

ORGANIC MOTHER LIFE - Ethical House -にて、オーガニックビューティセラピストとして勤務しています。坂田と一緒に「Mais...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧