【オーガニックスキンケア理論 no.3】日焼けケア美容液で自分の肌を育てて守る為に知っておいて欲しいこと

organic cosmetics

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

私たちはもう日焼け止めでこの先一生、悩むことはない。

 

【20%OFF 7/23-7/31まで】O.M.L サンケアスキンセラム

 

日常生活からとりいれたい「抗酸化物質」

 

日々の生活の中でどれだけ「抗酸化物質」を摂っておくかが重要。

普段のケアや食事でどれだけ【抗酸化物質】を摂っておくかで素肌が焼けやすい、焼けにくいは決まります。

しかも肘や膝のように皮膚が厚く乾燥している箇所はより黒くなりやすいように顔の肌も【乾燥】していると黒くなります。

抗酸化作用のある食べ物

 

 

抗酸化のキホンは、何と言っても「食」です。

抗酸化作用のある栄養素は、ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール類、ミネラル類や、美容効果で話題のカロテノイドなどが挙げられます。

【ビタミンC】
緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)、フルーツ(キウイフルーツ・いちご・かんきつ類など)
※ビタミンCは水溶性なので、生で食べるのがオススメです

【ビタミンE】
植物油(ひまわり油・やし油・べに花油など)、種実類(ごま・アーモンド・ピーナッツなど)
※緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的。

【ポリフェノール類】
プルーン・りんご・赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶など
フルーツの場合、皮にもポリフェノールが豊富に含まれているため皮ごと食べるのが効果的。淹れたてのほうがポリフェノールを多く含んでいます。

【ミネラル類】
魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、海藻類(わかめ・のり・昆布など)、納豆など
ミネラルは、熱には強くても水に溶けやすい性質なので、茹でるよりも蒸すのが◎煮込み料理の場合は煮汁ごといただくのがオススメ。

【カロテノイド】
緑黄色野菜やフルーツの黄色、オレンジ、赤色の色素成分。パプリカ、トマト、ホウレンソウ、ミカンなど濃い色の野菜やフルーツを選べばたくさんカロテノイドを取ることが可能。
特にオススメは赤いパプリカです。赤いパプリカにはカロテノイドのなかでも特に抗酸化力が強いキサントフィルという成分が豊富に含まれています。

 

カレンデュラに含まれる「ルテイン」はもブルーライト軽減効果もあると発表されています。

 

 

オーガニックサンケア理論の基本まとめ

 

 

抗酸化物質を肌から塗布、体内から摂取しておくことで活性酸素が発生しにくい肌環境を日々のケアや食事から作っておくこと。

または、発生しても減少・除去できる肌環境を作っておくことで、細胞膜やDNAの損傷を防ぐことができ、結果【炎症が起きにくい→シミになりにくい】ということです。

一年間気をつけないと夏の日焼けで肌ばボロボロに。

夏本番の今だけではなく、日頃からどれだけ抗酸化対策と保湿をしていくことによって日焼けしにくい、してもダメージの少ない肌を育てることができるかが決まると思っても、過言ではないはずです。

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

 

Ai Fujioka

ORGANIC MOTHER LIFE - Ethical House -にて、オーガニックビューティセラピストとして勤務しています。坂田と一緒に「Mais...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧