【BOTANICAL LIST】アルガンの美容効果 / Argania Spinosa Kernel by.ORGANIC MOTHER HOUSE

お肌やお体の無料相談室はこちら

公式オンラインショップ

 

 

– 抗酸化系 –
「アルガン」

 

■ARGAN EXTRACT

アルガンオイル(学名 アルガニア・スピノザ Argania Spinosa)は、そのスキンケア効果の高さと希少性から「モロッコの黄金」と呼ばれています。

肌の各角層の間にある細胞間脂質に作用し、水分と油分のバランスを保つ作用があります。肌を柔らかくし、水分を保ち、栄養分を吸収しやすい状態に整えてくれます。
洗顔後の肌に数滴ブースターとして馴染ませると、化粧水などの浸透力が高まりモチモチ肌に導いてくれます。乾燥が気になる場合には、美容液やクリームなどに混ぜて使う事も出来ます。乾燥しやすい目元、口元、首元などは、特にしっかり保湿してあげましょう。

アルガンオイルに含まれている「オレイン酸」は、美肌効果や吹き出物の改善が期待される不飽和脂肪酸の一種なのですが、吹き出物の種類によっては悪化させてしまう可能性があります。脂性肌、思秋期の吹き出物との相性には気をつけましょう。

 

 

ARGAN HISTORY…

北アフリカ、モロッコの南西部のみに生育するアルガンツリー。アカマツ科に属する低木で、8000万年も前から過酷な環境下に自生し、高温や乾燥など厳しい気候の中でも育ちます。成長はゆっくりで、大きな木は高さ8~10メートルにも達します。地中7メートル以上深く根を伸ばし、丸1年以上雨が降らなくても枯れないといわれます。この脅威の生命力が人々の健康に欠くことのできない栄養分を提供しています。世界でも珍しいこの木の実から採れるオイルは、ベルベル人の間では昔から、料理、スキンケア、ヘアケア、薬用も用いられてきました。

アルガンツリーは棘があるので、自然落下した実や実を食べたヤギが排泄した種を拾い集めてオイルを抽出します。オイル採取には大変な労力を必要とし、実の中心となる仁核(じんかく)を非常に硬い種の中から割り出して、すり潰し、ようやく1~2%ほどの油分が袖出できます。この作業にはモロッコの貧しい女性たちが従事し、数少ない収入源として期待され、女性自立の象徴とされています。また、この樹を植樹して、砂漠の緑化にも役立てようというプロジェクトも進行しています。

 


 

   ARGAN BEAUTY [抗酸化系]

皮膚軟化作用
保湿作用
エモリエント効果
抗酸化作用

アルガンオイルには天然のビタミンEが豊富に含まれており、オリーブオイルの4~10倍に及ぶと言われています。ビタミンEは天然の防腐剤ともいわれ、抗酸化作用、血行促進、肌のターンオーバーを早めたりとエイジング肌にとても効果的です。活性酸素を除去してくれる抗酸化物質(ビタミン、ポリフェノールなど)も多く含まれています。グリセリドが99%を構成し、オレイン酸とリノール酸等の不飽和脂肪酸が大半を占めています。

ビタミンE(トコフェロール): 空気汚染やタバコの煙、化学物質や太陽光など日常的なものから発生する、フリーラジカルという、人体に悪影響を及ぼす分子から、肌を守り、目に見えないシールドのように肌を保護してくれます。また、保湿性と鎮静力にも優れているため、多くのスキンケア製品をはじめ、メイクやヘアケア製品にもよく使用されています。

オレイン酸:オレイン酸は肌の乾燥を防ぐ効果があるとされています。また、シミやシワ、ニキビなど肌トラブルを誘発する活性酸素の生成を防ぎます。美肌を維持したい方や肌トラブルで悩んでいる方におすすめです。 

リノール酸:角質細胞間脂質と同じ成分のためお肌にとても馴染みが良く、角質から水分の蒸発を防ぐので高い保湿効果があり、肌を柔らかく保ちます。保湿、抗炎症作用、メラノサイト抑制作用、老化防止、皮膚のバリア機能アップなどに効果的です。

 

 

 

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 


 


 

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

関連記事一覧