秋に感じる敏感肌の洗顔法のススメ。

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

なぜ秋は敏感肌になるんだろう?

 

 

秋にお肌の不調を感じたり、敏感肌になる方が多くいらっしゃいます。その理由を一緒に考えてみましょう。

まず考えられる理由に「夏に受けたダメージ」があります。夏の紫外線の影響でメラニンの生成が活発化し、それに伴うシミ・ソバカスなどの色素沈着も増えるからです。

肌が健康であれば紫外線の減少とともにメラニン生成量は正常に戻ります。また生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されますが、肌が正常でなければメラニンが肌に残ってしまいます。

さらに、紫外線の影響を受けた肌は表皮細胞がダメージを受け、保湿機能やバリア機能も低下しています。

冬になれば空気も乾燥し体も冷えるため、肌は体温や水分を逃さないように変化しますが、皮脂量や発汗量も減るため肌のターンオーバーも乱れがちになってしまいます。

こうして敏感になっている為に肌トラブルが起こりやすくなっています。

 

秋には秋のスキンケアが必要です

 

 

秋のスキンケアは「夏に受けたダメージを回復さてること」「肌のバリア機能を維持すること」に重点を起きましょう。紫外線は秋冬も引き続き降り注いでいるので、UVケアは1年を通して必要です。

夏に比べて秋は皮脂の分泌量も減少し乾燥しやすくなります。洗浄力の強いクレンジングや洗顔はNG。ゴシゴシ洗いは敏感肌をさらに加速させてしまいます。オーガニックスキンケアでのクレンジングはさっとポイントメイクをオーガニックオイルで拭き取りソープでさっと洗い流す方法をお勧めしています。

また角質ケアを行いたい場合には、過度な洗顔や摩擦が起こってしまうような洗い方はやめてクレイパックやシュガースクラブでケアしていきましょう。

 

おすすめのクレンジングセット

 

植物オイルクレンジングセット

MURASAKIno ORGANIC ver.(MDNライスブランオイル×ムラサキノウォッシュ)

 

 

Maison de Naturopathie オーガニックライスブランオイル

 

 

お米から生まれた良質なキャリアオイルです。海外の有機認証取得済。

お米は日本人のきめ細かい肌と密接な関係があると言われており、このオイルには、y-オリザノール、オレイン酸、リノレン酸、リノール酸、ビタミンEなどの有効成分を豊富に含んでおります。業務用としてお使いいただけるサイズもあるのでセラピストの方にも大変おすすめ。

γ-オリザノールという成分が肌の調子を整え明るくする効果があると言われています。

≪ライスブランの持つ成分と機能≫

●オレイン酸(約45%)・・・    皮膚を柔らかくし、かつ浸透を良くする。

●リノール酸(約36%)・・・    保湿効果に優れ、しわを防ぎ老化防止。

●パルチミン酸(約18%)・・・水と油の融合に役立つ乳化作用に優れた働き。

●ステアリン酸(約2%)・・・    抗ウィルス、抗菌、抗カタル、痰を取る。

●リノレン酸(約1%)・・・各種の皮膚の炎症(アトピー)等を改善すると言われている。

●γーオリザノール(約1%)・・・最近注目の成分で保湿をしつつ肌の再生に役立、シミの原因であるメラニン色素の生成を防ぎ美白効果も期待されている。

●トコトリエール(0.03%)・・・抗酸化性に優れ、肌荒れの予防。

●トコフェロール(0.025%)・・・これも注目の成分で、皮膚の成長を適切に促し、時にむくみをなくして、有害な活性酸素除去するとも言われている。

 

MURASAKIno ORGANIC ムラサキノフェイスウォッシュ

 

 

天然の保湿成分を配合して、洗い上がりはしっとり。

洗顔には欠かせないキメの細かい泡立ちと、つっぱりを抑えてしっとりした洗い上がりが特徴のフェイスウォッシュ。スクワランなどの保湿成分や、肌荒れを防ぐムラサキ根エキスも配合しています。

【全成分】

水、カリ石ケン素地、グリセリン、ヒマワリ種子油※、ナタネ油※、ムラサキ根エキス※、トウキ根エキス、スクワラン、オレンジ果皮油、マンダリンオレンジ果皮油、ハッカ油、ニオイテンジクアオイ油、ローズ油、リゾレシチン、エタノール、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、クエン酸、シアノコバラミン※滋賀県産原料

【使用方法】

手のひらに2、3プッシュとり泡立てます。泡でお顔を包み込むように優しくマッサージし、その後ぬるま湯で洗い流してください

【 紫根の効果 】

「見た目年齢を若返らせる」と評判になるなど美肌成分として注目されている紫根。紫根の薬効主成分は6種類の「シコニン誘導体」と呼ばれるもので、下記のような効果・効能が報告されています。

* 抗炎症作用

* 抗菌作用

* 皮膚活性化作用

* 養毛促進作用

1、抗炎、抗菌、解毒、解熱作用がある

2、皮膚の再生に働きかけ、肌をなめらかにする

3、血行をよくして、シミの改善や美白につながる

おすすめのクレイ

 

クレイには吸着・イオン交換の作用があります。

マイナスの電荷を持っていて、水に溶かすとアルカリ性に変わるので、プラスの電荷を帯びている余分な皮脂や汚れ、角質を吸着し、必要な皮脂や脂肪酸は残しながら水と一緒に洗い流してくれる作用があります。

 

ROSES DE BIO ホワイトウォッシュパック

 

オンラインショップはこちら

 

ホワイトカオリンという鉱物をメインにしており、お肌にマイルドなタイプのクレイになります。

必要な皮脂は奪わずに不要な毛穴の黒ずみ、角栓、くすみなど優しくケアし、洗い上がりも乾燥せずしっとりします。

また特殊な高機能マイナスイオン水を使用しているので、開封後から使い終わりまで、「イオン交換作用」をキープしてくれますので、ご安心くださいね。

お風呂場に置いて使って頂けるように、吸湿しない&酸化しないエアレス容器を採用しておりますので、例えばパウダータイプを溶く時間の余裕が無い時など、忙しいときにも手軽に使って頂けるかと思います。

 

おすすめのシュガースクラブはこちら

 

仕上がりは、皮膚がふわっと柔らかくなりスキンケアの浸透性も良くなります。乾燥して硬化した鼻周りの皮膚を「柔らかく維持するために」使用すると効果的です。

柚子の優しい香りと、体温で溶ける細かい粒子の新感覚のスクラブ。

 

和三盆×柚子 milky sugar scrub

 

オンラインショップはこちら

 

【全成分 / 40g】

スクロース(和三盆)、グリセリン、コメヌカ油、水、水添レシチン、ヒポファエラムノイデス果実油、ムラサキ根エキス、トウキンセンカ花エキス、オタネニンジン根エキス、グレープフルーツ種子エキス、ユズ種子油、エタノール、スクワラン、ユズ果皮油、ニュウコウジュ油、ニオイテンジクアオイ油、トコフェロール(キャリーオーバー成分)

【使用頻度の目安や使い方】

入浴中、湿った素肌にご利用ください。目安量は、綿棒の先ですくえる程度の一回量です。毎日の使用はオススメしておりません。毛穴のざらつき、小鼻の黒ずみ等にご活用いただき部分的なら、週2−3回までにとどめてください。顔全体には、週1程度。

それ以外の角質のざらつきにはMaison de Naturopathie OILでの軽めのマッサージ+保湿で角栓と周りの皮膚を「軟化」させること。

使用する際は、湿った状態の中指の腹でミルキーシュガースクラブを撫でるように伸ばしゆっくり乳化(大豆レシチン)しながら和三盆が溶けていくのでその細かい粒子で軽く角質をケアし強くこすったりして摩擦はは与えないでください。

あくまでも、汚れを取り揃うとするのではなく「8割タンパク質」の部分に油分や水分+乳化作用を与え、まずは硬くなった角栓を柔らかくすることが目的です。

 

 

肌質を改善させたいなら、まずは洗顔を見直すことから。今の季節のお肌の状態を知り、必要のないプロセスは抜いて、ご自分のお肌に足りないものは補ってあげましょう。

オーガニックスキンケアで季節の変わり目もお肌の変化を楽しんでいただけますように。

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

 

 

 

Ai Fujioka

ORGANIC MOTHER LIFE - Ethical House -にて、オーガニックビューティセラピストとして勤務しています。坂田と一緒に「Mais...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧