角栓は皮膚の一部?!毛穴ケアの基本とは

お肌やお体の無料相談室はこちら

公式オンラインショップ

 

 

角栓は皮膚の一部?!毛穴ケアの基本とは

角栓とは、そもそも皮膚の一部。

角栓とは、そもそも皮膚の一部であると私は考えています。

栓を抜けば、その穴の内側も傷つき、内側の肌も厚くなっていき開いたままになっていくのです。傷つければ、傷つけるほど取り返しのつかない深い傷になっていきます。

一般的に角栓は、毛穴部分のはがれかけた角質のこと。毛穴の奥の水分量が足りず、油を出して水分が蒸発しないように栓を作ってしまうんです。

酸化してバターのように固まるイメージ。つまりね、角栓詰まりも「皮膚の乾燥」が原因にあるという事。

 そして、「保湿」と聞いてオイル美容だけをしてしまうのは間違いで、そもそも「保湿」とは水分をキープする事

水分たっぷり角質層に与えて、植物オイルで肌に必要な脂肪酸を補給し、最後にエマルジョン(乳化)させて完了。しっかり水分がある角質層であれば毛穴は目立たないのです!!

つまりそこに、皮脂が詰まることもありません。
なぜなら、皮脂を以上に出さなくても角質層は潤っていますし、穴も小さくなるので汚れも詰まりにくくなります。

 

 オーガニックスキンケアを通じてここまで目指したいのです!

keana-hiraki-cause.png

毛穴に詰まる「角栓」の主成分を皮脂だと思っている方へ。

毛穴に詰まる「角栓」の主成分を皮脂だと思っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 実は、これは大きな勘違いで、角栓の70%は古い角質(タンパク質)

 オイルマッサージしようが、クレンジングマッサージしようが、溶けて無くなる物では、ありませんね。
毛穴の「栓」を取ってしまうと、皮膚は炎症し、更に毛穴は開き、新しい皮膚(角栓)が大きくなって再登場です。永遠に繰り返してしまいます。
 
そこにストップを掛けたいなら、まずは触らないこと」
そして「保湿すること」
絶対に乾燥させないこと!!
 
実はスキンケアって、シンプルなんです。何も難しいことなんてないのです。

硬くてザラザラしてきたときは、(たっぷりの水分を与えた上で、お風呂中がベスト)ミルキーシュガースクラブで産毛を撫でるように、優しくマッサージしてくださいね。

ミルキーシュガースクラブ

皮膚が柔らかくなると同時に角栓も柔らかくなり、毛穴の中に「隠れて」いくのです。
 
溜めて、溜めて。
ザラついたら、柔らかくして。
そして、毛穴の中にそっと隠してあげます。
 
それを気になった時に丁寧に続けてあげてください。
 
周りの皮膚を健康にして、ふわふわになれば自然と角栓は穴に収まり、目立たなくなります。
 
だから角質ケアしすぎてはダメなんです。周りの皮膚が痩せて角栓が顔を出してしまう。

角質ケアをしすぎて乾燥が極度に進むと下記のように、角栓の負のスパイラルがやってきますよ!

keana-kakusen-dekiagari.png

角栓は「ほぼタンパク質」でできている。
 先にも書きましたが鼻の角栓は皮脂の油と角質のタンパク質です。
 
皮脂の油は植物オイルで除去する(目立たなくする)ことができます。
でも、タンパク質は油では不可能です。
 
毛穴の改善は皮膚科医ですら難しいと言います。
でも、諦めたくないですよね?
ゆっくりでいいから3ヶ月、半年、一年かけて「目立たなくなる」と合格点です。
 
頑張った自分と素肌をたくさん褒めてあげてくださいね。
毎月発売される美容雑誌に踊らされて、いろんな化粧品を試しては、使い切れずに放置です。
 
本当に見るべきなのは最新の美容雑誌などではなく、「素肌」そのものを鏡で見るべきなのです。

 

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 


 


 

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

関連記事一覧