洗いすぎていませんか?オーガニックスキンケアのポイントは皮膚常在菌を育てること

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

オーガニックスキンケアのポイント「常在菌を育てる」

 

一人ひとりのお肌には皮膚常在菌と呼ばれる細菌がいることをご存知ですか?

決して悪い細菌ではなく、常在菌のバランスが取れていることで

私たちのお肌は健やかに保たれているのです。

お肌の上には約200種類もの微生物が住んでいる

 

私たちのお肌には様々な細菌がいます。

その中でも代表的な菌が下記の3つです。

  • 表皮ブドウ球菌=善玉菌 …お肌を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑える。お肌の潤いを保つ。
  • アクネ菌=肌の日和見菌…普段は肌の保湿に貢献。増殖するとニキビの原因になる。
  • 黄色ブドウ球菌=悪玉菌…増殖するとお肌がアルカリ性に傾き、赤みや痒みなど様々なトラブルを引き起こす。

お肌をきれいに保つ善玉菌と悪い影響を与える悪玉菌があり
この善玉菌を増やすスキンケアや方法が「菌活」「育菌」と呼ばれているのです。

大事なのは常在菌のバランス

 

皮膚常在菌フローラは、体調の変化ストレス
顔を洗うなど日常生活の中で常に変化しています。

何らかの原因で
肌に悪さをする菌=病原性菌が増えてしまうと
ニキビや炎症など肌トラブルを起こしてしまいます。

そこで、美肌へ導く常在菌=【美肌菌】を育てて
皮膚常在菌のバランスを整えることが大切になります。

美肌菌と呼ばれる「表皮ブドウ球菌」

 

汗(アルカリ性)や皮脂を餌にグリセリンや脂肪酸を作り出し
脂肪酸は肌を弱酸性に保ち抗菌ペプチドを作り出すことで
黄色ブドウ球菌(悪玉菌)の増殖を防ぎます。

表皮ブドウ球菌が出すグリセリン
「皮膚のバリア機能」を保つ役割があるのです。

日和見菌は、肌環境によって善玉菌にも悪玉菌にも姿を変える
中立的なその他大勢の菌のことです。

このように「三つの常在菌」はバランスをとって自然に存在しています。

皮膚常在菌のバランスを保つスキンケア

 

 

不潔にすると皮膚常在菌が増えて肌トラブルの原因になりますが
だからといって肌を過剰に洗いすぎる
今度は皮膚常在菌を殺すことにもなりかねません。

「洗い過ぎず」「与えすぎず」の適切なケアにて
美肌をつくる皮膚常在菌と上手に付き合いましょう。

この常在菌があってこそ
皮膚の健康は保たれていると言っても過言ではありません。

しかし、間違ったスキンケアを行うと
この生態バランスが崩れ「敏感肌」になってしまいます。

表皮 ブドウ球菌は「角質層」に存在しているため
無理に角質を落とすような行為をすると減ってしまいます。

例えば、長時間の入浴や過度の洗浄・洗顔で悪化します。

その対策のためにも生態バランスを崩してしまうような
「合成成分=石油系化粧品」の使用は考えていかなくてはなません。

そこに、オーガニックスキンケアを選ぶ大きな理由が存在します。

 

 

《常在菌を守るポイント》

1、肌断食を定期的に行う
2、朝の洗顔はゆすぐだけに
3、夜の洗顔は植物油でメイクを浮かせて軽めのソープ洗顔
4、市販のファンデーションや日焼け止めを過度に使わない
5、石油系の合成界面活性剤を含むクレンジングを使わない
6、合成防腐剤の入ったものを極力避ける
7、合成の油溶性ポリマーや合成ワックス・シリコーン・合成着色料を含む
メイクアップは使用しない(これらの成分は落ちにくいため
石油系の合成界面活性剤を含むクレンジングが必須となる)

 

 

常在菌のエサとなる皮脂は最高の美容液

 

常在菌は私たちの分泌する皮脂や汗、古い角質などをエサとして繁殖し
肌を弱酸性に整えてバリアを作ってくれています。

そのため「自分から分泌した皮脂」が最高の美容液なのです。

ただ、普段から 乾燥トラブルを起こしている肌は
《常在菌を守るポイント》通りスキンケアを行っても急には「皮脂」が正常に分泌されません。

そこで、植物オイルを使用したオーガニックスキンケアがポイントになってきます。

植物オイルには豊富な「脂肪酸」が含まれているものが多く
実は常在菌は「脂肪酸」が大好物なのです。

 

「生きた植物」を身につける

 

 

鉱物油ではなく「オーガニックの植物油」を素肌に塗布し
良質な脂肪酸を角質層に与えることで素肌が自ら「皮脂」を出せるようになるまでに
「サポート」のために使用するのです。

「食用にならないオイル」達は皮膚に住む常在菌たちの
「エサにならない(消費できない)」ということでしょう。

だからこそオイル美容は
「素肌の皮脂を補う」最高のスキンケアなのです。

 

おすすめの植物オイルクレンジングセット

 

【10%OFF】植物オイルクレンジングセット NALUQ ver.(MDNホホバオイル×ナルークソープ

 

植物オイルでメイクを浮かせて、さっと石鹸でオイルを洗い流すだけ。

素肌の住人である「皮脂膜」や「常在菌」を洗い流すわけにはいきません。

オーガニックスキンケアは「元々あるものを最大限に活かす」ことが大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーー

How  to use

ーーーーーーーーーーーーーーー

《薄いメイクの方/使用法》

1、新鮮なホホバオイルをたっぷり手に取り、メイク全体に馴染ませ浮かせていく。

2、目浮いた汚れだけを洗い流すように、泡立てたNALUQソープを肌に滑らせます。

3、ツッパリ洗顔は辞めて、しっとり油分を残しておきましょう。

《濃いメイクの方/使用法》

1、新鮮なホホバオイルを湿ったオーガニックコットンに馴染ませる。

2、目元のアイシャドウやアイラインを擦らないように、水分と油分を馴染ませながら拭き取っていく。

3、忘れがちなグロスや口紅も優しくコットンオフ。

4、新鮮なホホバオイルをたっぷり手に取り、メイク全体に馴染ませ浮かせていく。

5、目浮いた汚れだけを洗い流すように、泡立てたNALUQソープを肌に滑らせます。

6、ツッパリ洗顔は辞めて、しっとり油分を残しておきましょう。

 

おすすめのオイル美容

 

【5%OFF】月桃オイル / Maison de Naturopathie BOTANICAL REMEDY OIL 100ml

 

お肌が乾燥していると、善玉菌である表皮ブドウ球菌がうまく育たなく

バランスが崩れて肌荒れを引き起こしやすくなります。

善玉菌のエサとなる「脂肪酸」を多く含む植物オイルで保湿ケアをしましょう。

角質層に水分をたっぷり補給したら、すかさずに植物の油分をON。

素肌に必要な脂肪酸を含む植物油を選び、テカりすぎない程度に塗布しよう。

 

Oil / MURASAKI no ORGANIC ムラサキノ オイル 30ml

 

お肌にすっと浸透(角質層まで)していく天然由来の美容液。
皮脂油に似た成分のため角質層に浸透しやすい保湿成分スクワランを配合。

うるおいを保つナタネ油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油など天然素材を使った美容オイルなので、敏感肌でも使うことができます。


あなたの素肌のもつ力を引き出してサポートするオーガニックスキンケアを

一緒に始めてみませんか?

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

 

Mayumi Suzuki

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧