「自然栽培の桃」から生まれるMother’s Botanyの物語が始まる。山梨県笛吹市カルタファームへ視察に〈3/25〉

Maison de Naturopathie series

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

 

Chapter 1 視察1日目
山梨県笛吹市カルタファームへ

 

先日ブログにてrelease致しました、Mother’s Botany– Whole Peach – Birth Project

– 企画についての記事はこちら –

 

 

「自然栽培の桃を、丸ごと使う」。

この新しいプロジェクトを今後一緒に取り組んでくださる山梨県笛吹市『CULTA Farm』さんへ3月25日、視察にお伺いさせて頂きました。

 

 

最寄駅は石和温泉駅。駅前には足湯もありゆったりとした良い雰囲気が流れています。

 

 

まずは現在スタジオとして使われている大きな施設へ連れて行っていただきました。

 

 

ここは1997年に北川原温建築都市研究所北川原温氏の設計によりもともとニット工場として建てられた建物を2003年にオーナーの根津さん自らのプロデュースで撮影スタジオとして転用した、自然光スタジオです。

 

 

当初はBAILAなど集英社の撮影などで使われていたそう。全体のデザインはもちろん杉板を使った下見張りの外壁とフローリング。オリジナルのスチール窓枠や階段など建築家のこだわりが細かなところにも随所に見られ撮影の幅を広げて頂けるクリエイティブな空間です。そんな空間を目の前に、会話も弾みます。

 

 

今後はこの贅沢で素敵な空間を、たくさんのアイディアを提案し工夫をこらして、美容学校温泉水を利用したス原料工場などとして活用し地域の皆さまとの交流の場としたり就労支援を行うことを目標としています。根津さんは、多くの提案をして下さいました。

 

 

根津さんから「ORGANIC MOTHER HOUSE」という名称で使ってみてはどうか?という嬉しいご提案もあり・・・。私も勉強のために毎週山梨へ通い「自然栽培の難しさ」を体感しようと考えました。

自然栽培の畑の真ん中に新たな「私たちだけの美容学校」を作る。それは誰もが羨む自然の学びに溢れていいるんではないか、と。

 

 

「どうしてその名称にしたのですか?」と尋ねました。

【オーガニック 】はずっとベースとして根津さんの生き方にあったとのこと。

そして【マザー】は「母」「母なる」「根源」「生み出す者」などを意味から。

一番最初にプロモーションを行ったり、ここから発信の場所にしたい。という思いもあり【ハウス】としたい、と考えたそうです。

 

 

弊社の社名【 オーガニック マザー ライフ 】をという生活を山梨県のこの【 ハウス 】から発信していく。

【ライフ】いう言葉は以前から「ライフスタイル提案」などアパレル業界などでもよく伝われていました。東京でライフスタイルというと少し非現実的な感覚があるがハウスという安定的な場所からライフを伝える。もちろん個人個人で来やすい場所でもありたいが、クリエイターやアパレルなど都心には真似できないこのロケーションでプレスをする場所にしたい、と。

 

 

 

「農業」と「食」を通して
人々の”こころ”と”体”を健康にする

 

『CULTAFarm』さんでは化学肥料や農薬を一切使用しないで土地の持っている自然の力とミネラルで野菜を生産しています。

安全・安心なお野菜を提供されていて、ただ、従業員の縮小もあり今は野菜に手が回らない現実もあるそうです。

 

 

『CULTAFarm』

先シーズンまでは数名のスタッフや専門家がいたが今年から一人で全てを管理されているとのこと。年間に育てる野菜の種類は約60種類を育てていたがそれらも全て「たった一人」で行っているのです。

 

 

ORGANIC MOTHER LIFEは独立支援型のスクールを運営していますが、根津さんも農業の独立をサポートする・・・そんな存在でありたいのだそう。だからこそ、スタッフの「卒業」を支援してきました。どれだけ自分が大変でも、です

根津さんは、その後数ヶ月広い農地にたった一人とり残された時「今の私に、一体何ができるのか」懸命に、考えたと言います。

そして、彼はこう言いました。「支援されたいわけではない。そこまで私は、可哀想ではない」と。

都心に住む人はすぐに「支援」という言葉を使いたがるが支援=困っている=「可哀想」ではない、と根津さんは、そっと本音を漏らします。「農家は、大変だし、可哀想。」そう思うから農業離れが起きるんだと。

大変だけど、それ以上にやりがいだってある。一人だけど、それだけ自由にしたいことができる。

「だからこそ、坂田さんも最初はひとりでやって来たんでしょう?」・・・そう言われて、気がついたことも。そうか、私がしたいことは、支援じゃない。一緒に一つの製品を生み出したい。「一緒に頑張りたい」ただそれだけなんだ、と。

 

 

 

「大変」だけど「やりがい」がある

 

しかし農作物を一人で育て続けるだけでは限界があるし、「自然栽培の桃なんて、儲からないし、大変だ」という風潮から、この地域では、この取り組みを根津さんしか行っていない現実もある。

私が「大変ですか?」と問うと「大変さにも、色々とあるが作業の時間のやりくりが特に大変です」と答えてくれました。小さなお子さんがもいらっしゃって、子育てをしながらこの広い農園を守っている。それが、どれほどに凄いことか。同じ親だからこそ、仕事と子育ての両立は多くの我慢が必要だし、「植物」「自然」を相手に多くの苦悩があることを、酷く乾燥し指先が切れた彼の手を見ると、何も言わずとも伝わってくるものがありました。

 

 

完成された綺麗な野菜や果物しか知らない私たちには到底知り得ることない農家の「本当の想い」を、目の当たりにした日。私にとってはオーガニックコスメ作りだけじゃなくそれ以上に「農家との繋がり」これほどに大切なことなんだ、と気づけたそんな貴重な時間でした。

 

 

 

「世のため人のためになることをしたい」

 

このスタジオがもともと、ニット工場であったことからもお分かりだろうが根津さんはアパレル業界でずっとお仕事をされてきました。

 

 

2010年、これからの自分の人生を考えた時に「世のため人のためになることをしたい」と思ったそうです。それが何か。きっと心と身体の健康じゃないかと。そしてまずは、食について調べていくことに。そうするとそこにはいろんな問題点があったと言います。

例えば、食品添加物や食材である野菜などの「農薬」その解決策は、昔の農村のやり方だったそう。

 

 

 

2010年のその思いをきっかけに農業をスタートしたのが2012年。今年で、もう8年目になるといいます。このあたりは元々「桃や葡萄」の産地でした。だけど、それらを育てる為に今もかなりの量の「農薬」が使われています。

 

 

 

実際に農薬を使わずに育てられているのは根津さんを含めほんの数名なんだそうです。一番大変なことは、虫や病気それを突き詰めると「土の状態」が大切だと語ります。人間が腸内環境を整えると、体調が好転することと同じで土壌を整えると、植物も健康になるのです。

 

 

しかし、木をそこまで持っていくまでには時間がかかってしまう。実際に有機農法をする為に農薬を完全に抜くまでにはおよそ、7年もの月日がかかるのです。農薬を使わないということは農作物が病気にかかってしまいそのシーズンは売り物にできなかったり
最悪の場合はそのまま木が枯れてしまう可能性があるからです。

 

 

そうするともちろん、農作物は育たないので収入がなくなってしまう。

 

 

木を植えて、また実になり販売できるようになるまでは20年も、かかってしまう。

それくらい、大変な仕事。私たち「農業の素人」が手伝ったとことで出来ることは限られています。だったら、農業に長けている地元の人たちや高齢者を雇う「資金源」を作っていく・・・その仕組みが求められていることに気づかされます。

 

桃と向き合いたい「私」の想い

 

果物や植物を使ったオーガニックコスメづくりがとても盛んな時代になってきました。

 

 

化粧品を作ってみて私が感じたことは化粧品の原点にもやはり「農業がある」ということ。今までは、食品だけだと思っていたこと。

今回「Botany」という、有機のコメ油やホホバ油などを使ったシンプルな国産薬草のインフューズドオイルを製作した際、OEM工場の社長に連れられて多くの地方地域の社会問題を目の当たりにしました。

 

 

それは「化粧品業界」の煌びやかな世界とは相反しておりもっと深刻な資金難職業難が存在し、決してフェアではない取引も多く東京にいる私たちのエゴがそのまま自然環境や地方地域の負荷になっていることを初めて知りました。私たちの綺麗の下には環境や人の犠牲があることも。

 

 

製品に一度なってしまうと、消費者は化粧品原料を気することその産地や生産者の想いを気にすることあまりなくなっていくのではないか、と私は思います。化粧品の価値はもちろん「綺麗になる」ことですが、子どもを産んだり、原料農家さんと直接お会いすることなどをきっかけに、化粧品の価値は完成された後だけではなく、その作業工程こだわりノウハウ「植物に隠されたバックストーリー」こそ本当は大切なのではないか、と私の中の化粧品に対する価値観が確かに変わっていきました。

 

 

その「バックスト−リー」を知ることで、効果効能だけではなく「その化粧品を使い続ける理由になる」のではないか、とも。

化粧品ロスという言葉があるように、多くの女性は素肌の不調や免疫力の低下を「化粧品が合わなくなった」と言って使わなくなってしまう風量があることを、数年のセラピスト人生の中で感じてきました。私も、その内の一人でした。「綺麗にならないなら、化粧品の意味がない」とでも思っていたのかもしれません。ですがある日日焼け止めの成分で酷い皮膚炎を起こした時初めて石油化学化粧品の恐ろしさを知ったと同時にどれだけ化粧品だけに依存していたかを気付かされました。

 

 

その植物が生まれた産地を訪れそこに住まう人たちと食事を交わし新たな交流が生まれ新たな営みが生まれるのではないか、と私は考えるようになります。

現在は「顔の見える化粧品店」をテーマに、展示会やショップの運営商品開発の際の障害者施設との連携、生産者さんとの直接の関わりも持っています。

 

完成される前の「プロセス」を可視化するということ

 

例えば【食品の有機認証】これは美味しいか、美味しくないかなどではなく安心して食べることができる「プロセスの保証」だと考える。その認証の代わりに、生産者の思いや苦労、栽培方法を知ること「顔が見える」ということで安心していただける材料になるのではないか。

今回、自然栽培の桃を見た時にお母さんと、子ども「親子で安心して使える化粧品」として開発できないかと思った。食品としてではなく化粧品原料として使えないのだろうか。

 

 

それには、私の知識や経験は、まだ乏しく多くの関係者に連絡をし、知識を分けてもらうことに。葉っぱや摘蕾される蕾など
捨てられるはずだった残渣を使うことができれば
サスティナブルで、きっといいのではないか。それが、私たちの思いだった。

 

 

しかし、その残渣を集める「手間」を今の根津さんに任せるわけにいかない。「だったら、私が毎週来てその材料を自分で集めます」と伝えた。その想いを伝えるとそれに対し根津さんは深く頷いてくれました。

 

オーガニックの意識は心と身体の健康への想いから

 

根津さんが「農業」「食」の仕事を始めたきっかけは健康を考えてのことだった。その中でオーガニックの意識を高く持つように。食材としての農業をスタートしているが突き詰めると美容や医療などと繋がると感じたそうだ。

美容というと、贅沢や綺麗を演出するものみたいだと思われがちだが「予防美容」という言葉があってもいいのではないかと私たちは考えている。例えば心の健康は、お肌やスタイルやファッション、メイクでも形成される。「内側の健康」があって初めて人は綺麗になれると思う。

 

 

「心と身体が健康な状態あること。」オーガニックコスメを扱い、提供する私たちは植物からの恩恵を大きく受けている。そこで、肌に身につけるだけでなく「一貫性のあるルート」ととして「Botany」シリーズではインナーケアのタンチュメールやハーブティーも提案していきたい。

 

 

今後関連商品として乾物、離乳食などもカルタファームさん協力のもと製作したいと考えている。その際はいろんな方へ届く様、出来るだけ「低価格」で作りたいという想いがある。プロジェクトとして人手と知恵を借りながらこの夢を叶えられないだろうか。有機野菜や有機食品が高くて使えないという意識を払拭し持続可能な農家さんへの手助けとしたい。

そして、お母さんと子どもの生きる世界がもっと豊かになってほいしいと・・・

 

実際に見る「自然栽培の桃農園」

 

視察へ訪れたのは3月25日。晴れた気持ちのいい日だった。

 

 

遠くの方に、うっすら雪の積もった山脈が見渡せ桃の木には、可愛らしい花や蕾が咲き始めていた。

 

今は枝の剪定から、蕾を取る摘蕾という作業にすでに差し掛かっている時期だった。少しお手伝いをさせて頂いたがどれでも摘んでいいわけではなくそれなりの技術と経験が必要なのだそう。

 

枝にはたくさんの蕾ができるが枝に最終的に育てる桃は「1つ」だけ。蕾を落としてしまうとそこには桃はならないのだ。気温が急に冷え込んで、落ちすぎた場合には実がダメになってしまうこともあるそう。

簡単に手伝える仕事ではないがそれでも、人手は必要なのだ。

 

 

ここの地域に住んでいるお年寄りは経験があるのでお願いをすることがあるのだそう。原料になるように今後進めて行きたいがそれまでの工程として農家さんの手間を増やしてしまうことどうやって収益に繋げていくか大きな課題となる。

 

 

 

全ては土壌の「多様性」から生まれる

 

多様性といって、その場所にいろんな草や植物生えている状態が一番いいのだそうだ。「ナズナ」が生えている畑はなんでも出来る、と教えて頂いた。草にも役割があるとのことだ。

 

 

自然栽培や農薬を使っていない畑には、いろんな植物が生え、いろんな生態系ができる微生物も、一緒に共存している。自然栽培はこれから木の育て方が、常に課題だと言う。

 

 

 

 

これから花と蕾を使って

 

今回摘蕾で採れた花と蕾を分けて頂いたそれを使って精油や芳香蒸留水、浸出油にしてみようと思う。

「花を使うか」
「蕾を使うか」

どれくらい必要かもわからない。今から、長い長い試行錯誤が始まる。

 

 

潰れた桃や、売れない桃、蕾、花、摘果ででた実、種。いくつか工程があるので、その都度どのようにして化粧品原料にできるかを調べる必要がある。

現地が、負担を被ってはいけない。利益を落とす仕組みを作る。私たちには何ができるのか。ここからストーリーとしてどんな価値が生まれるのか。

 

 

今回山梨へ足を運び農家さんの想いを伺えたこと実際に農園で摘蕾をさせて頂いたこと、土に触れることができたこと、たくさんの学びがあった。そして今後の課題、目指すところ、今できること、やらなければならないこと、問題はたくさんあるということ。

しかし、それよりも私たちにはこの「プロジェクト」進める価値の方がずっと大きいのだ。それぞれの役割で何ができるか。

さぁ、ここからどんなストーリーが始まっていくのだろう。

 

 

私たちはこれから始まる苦労よりも、未来起こる全ての出来事の方がずっと楽しみで仕方がないと、笑いあった。

 

 

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

Ai Fujioka

ORGANIC MOTHER LIFE - Ethical House -にて、オーガニックビューティセラピストとして勤務しています。坂田と一緒に「Mais...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧