オーガニック コスメを通して出来ること。KARATSU COSMETIC FACTORYが考える新しいOEMのカタチとは?

organic project

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

 

KRATSU COSMETIC FACTORYが考える
新しいOEMのカタチ

 

アルデバランKRATSU COSMETIC FACTORY全く新しい考え方をするオーガニックコスメの工場(OEM)でした。

 

 

「みんなで作る」・・・それを誰もが体験できる。

メーカー(企画)+クライアント(技術)+地方(資源)3つの要素を結びつけあい事実(Fact)を生み出す工場(Factory)でありたいという想いから「FACTO」が生まれました。

農家さんから届いた資源がOEM工場で化粧品になり消費者の手に届くという当たり前の流れの中に「地方支援」が加わり「障害者支援」が重なり人と自然が豊かに共存できる仕組みが自然に生まれていく。

ボランティアや寄付だけでは持続可能な支援にはならない、と暮部社長は言う。だからこそ化粧品を作ること、買って頂けることで直接、農家さんや障害を持った方々の支援に繋がっていく仕組み作りは永続的であり、みんなが幸せになる、と。

 

 

日本初のワイルドクラフトコスメ「クオン」を生んだクレコス様が行う地方創生や社会支援に感化され私も、想いを形に「物作り」をするならば、継続可能な社会支援を結びつけて地方の資源を見直してそして、自分以外の「誰かのために」なるそんな化粧品を作ってみたいと、心が揺れたのである。

大きな懐でそっと包んでくれるような佐賀の地で私はまた一つ、学んだ気がします。私も「バックストーリーが生きる物作りがしたい」のです。

かつて肌荒れに苦しみ自分の肌を自分で傷つけて、隠して逃げて「ファンデーションに依存していた」あの頃の自分。そして、同じように肌疾患に悩む全ての女性たちのために私は、手を差し伸べて、救いたい。だから、私は学びます。経験値を積みます。ここで書いているだけでは、前に進みません。

地方に残された問題と今必要な女性社会支援のあり方を徹底的に学んで、形にします。物作りのにおいて最も大切なものを教えていただきました。ありがとうございました。

 

2019.3.22 in 佐賀県
オーガニック原料・開発・工場見学の旅

 

22日は、福岡から佐賀県へ移動し佐賀県唐津市にあるオーガニックコスメのOEMアルデバラン様へお伺いするべくマネージャーの聖恵さんローズドビオの関根代表と共に

【玄海町薬用植物栽培研究所】※薬用植物の栽培研究(共同研究、テスト栽培や契約栽培など)

【JCC原料開発室】※素材を原料にするためのラボ(佐賀大学サテライト内)

【カラツコスメティックファクトリー「FACTO」】※化粧品OEM/化粧品原料製造

これらの施設を視察して参りました。

 

一般社団法人
ジャパン・コスメティックセンター様との出会い

 

JCCの小田切さんと知り合ったのは同じ出版社キラジェンヌさんで本を出すそうでその見本に渡された本が私の本だったことから声をマルイでかけてくださり、そこから。

私たちと同じ方向性でもあり、意気投合!

 

 

日本のオーガニック産業の後押しをしており日本生まれのオーガニックコスメを応援しています。そんな出会いもあり小田切さんの視察案内のもとこうして佐賀県まで来ております。今日はアルデバランさんの新しいオーガニックコスメ工場を視察に新しいコスメ開発も視野に入れてやってきました!

 

 

NO.1 薬用植物栽培研究所

公式HPはこちら

薬用植物栽培研究所には薬草は全部200種ほど。薬木だけで67種類もあるという。ここは、玄海町が運営する施設というから驚きだ。ここには100種類を超える薬用植物所狭しと栽培されておりそれぞれの生命がたくましく育っておりました。

 

 

園長こだわりのもとできる限り無農薬で栽培された薬効が確かに存在するここの植物たちは、それらを次に視察するJCCのLABOにて研究し化粧品になるための研究を行いアルデバランで化粧品になるという。

このハーブ園には人工気象室があり気象コントロール出来るハウスがたくさん!

 

 

例えばウラルカンゾウスペインカンゾウロシアカンゾウなど様々な珍しい甘草も栽培されていました。効果効能は、全て違うと言います。グリチルリチン酸が豊富で、抗炎症作用などがあるそう。

砂漠地帯に出来る植物なので佐賀では本来難しいのだが甘草ハウスは、生暖かい。空気まで、砂漠地帯をイメージして作っているそう。有効成分をあげないと薬草は意味がないのでそれらを研究していると言います。この穴は、根っこが見えるように研究のために工夫して作られていました。

 

 

なんと、ここではアルガンツリーも育てているそう。ドラゴンフルーツやマンゴーも無農薬で。どれだけすごいことか。ここで生まれた薬用植物たちはサプリメントや化粧品にも活用され機能的な薬草が出来る限り無農薬で作られている。行政で、玄海町で、しかも研究して農家さんにまで教えているのは当時はなかった。

 

 

やってるところは他にはない。薬草園の園長様にもお会いして様々なお話をお伺いしましたよ。とても勉強になりました。

 

NO.2 JCC原料開発室

 

JCC原料開発室にもお邪魔して参りました。

ジャパンコスメティックセンターとは?※素材を原料にするためのラボ(佐賀大学サテライト内)

 

 

ここではOEMに様々な素材エキスの提供をしたり植物の効能の研究をして、製造へと繋げるお手伝いなど行っているとのこと。安全性や抽出の仕方など、全て行うためかなり工夫を凝らして研究中。

こちらの研究員の方とお話ししていると目からウロコがポロポロ落ちるほど面白い植物研究のお話が聞けます。

 

 

やっぱり、研究って面白い。化粧品の原料基準をクリアできる成分の研究のため研究室の至るところに物珍しい芳香蒸留水やエキスたちが。地元素材や、原料の研究 エキスの研究残留農薬を調べたり佐賀県ならではの植物エキスなどもあり私たちも抗酸化系のエキスを紹介してもらえるとのこと。嬉しいです。

無農薬の甘夏の精油もたくさん。40度の低い温度で蒸留して苦味などがないクリアな香りが広がります。

 


 

低い温度だと甘夏の実だけを食べた時のクリア香り。高い100度くらいの温度だと皮の渋みまで香ります。そんなイメージですね。やっぱり採れたては質が異なります。

ネロリフラワーの芳香蒸留水は、魅惑の香り。ふわっと香って苦味もない。佐賀にもこんなに素晴らしい原料があるなら私たちも地域のために活用したい。何より驚いたのがホーリーバジルのフラワーウォーターやインフューズドオイルがあったこと。これは欲しい!

 

甘夏やネロリも含めてエステに使用できる素材が山ほど。化粧品にならなくても使い道があることをお話ししていろんなコラボができるといいですね、と楽しくお話しさせていただきました。これも出会いですね。また、お勉強に伺いたいと思います。ありがとうございました。

N0.3 アルデバラン
KRATSU COSMETIC FACTORY

 

アルデバランさんはオーガニックコスメを作る工場(OEM)のこと。自社製品に、弊社も取り扱う日本初のワイルドクラフトコスメ「クオン」があります。
クオンとは

クオンは「大地母」というコンセプトのもと生産者の方々との取り組みを強めて全国の農家さんと共に物作りを行ってきたそう。アルデバランの暮部代表直々にラボを案内してくださいました。

 

 

ずっとこれまで企業で森を守る活動を行っており障害者支援なども継続してきた。その事業を化粧品に繋げることで化粧品を売ることで利益と社会貢献ができる。それが「自然と循環する」仕組みを整えられており全ての植物素材にストーリーがあることに感動し「本来の物作りはここにあるのでは」感化されてしいました。日本の農業に未来をもたらすために自然栽培の「大和茶」を使用しコスメを作ろうと生まれたのが「クオン」です。

耕作放棄されたお茶畑の中に咲いた花とできた種も葉も使ってオーガニックコスメが生まれること。それは捨てるはずの原料が収入となり農家さんに活力を提供できる。化粧品の原料として全て買い取ることで耕作放棄が改正されていくことを、活動しているとのこと。

 

 

日本の福祉に未来を与えるために

 

新潟に障害者が働く化粧品工場を作って雇用を生み出しているそうです。森を守る。みずから間伐しにいく。障害者の方が作った和紙でパッケージを作る。そんな循環が、自然にできている製品作りに感動。

 

「誰もがここに集まり
オーガニックコスメづくりが身近になってほしい」

 

そう、笑顔で語る代表の笑顔からそんな場所づくりに貢献できる企業でありたい、と私も小さな情熱を燃やしてしまいます。もっと、みんなに農家のことを知ってほしい。もっと、みんなに化粧品づくりのことを知ってほしい。その製品に込められた想い生産者の苦労と努力OEMの情熱と技術を、消費者にも知ってほしい。

私たち「セラピストひとりひとり」が
できること考えてみよう

 

一人一人の力は、弱いかもしれない。でも、こうして愛情が込められ生まれた化粧品たちをエンドユーザーへ伝えて、繋げることは工場や農家さんにはあまりできません。この手のひらで、伝えられるのは私たちです。

 

 

植物を育てる農家さんがいて。それらの原料を化粧品にする工場があって。化粧品を伝えて、教える「セラピスト」がいるからこそコスメの全てが伝わるんだと思う。つまりこのストーリーを「伝え続けること」が私の使命ではないだろうか?

 

 

日本生まれのエシカルコスメたちを伝える「伝道師」になることで私は役目を全うできる気がするのです。また一つ、佐賀の地でしたいことが決まったようですね、私。よし、前に進もう。そしてまた、この地に夏までに戻ってくるから。

 

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、購入前にお肌のご相談が可能です
友だち追加

 

– コットンハウス 新規生徒募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

 

Makoto Sakata

一般社団法人 日本オーガニック ビューティセラピスト協会 代表理事 ORGANIC MOTHER LIFE サロンオーナー オーガニックビューティセラピスト...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧